0
¥0

現在カート内に商品はございません。

解読 伊能忠敬測量日記 第十三巻(ダウンロード版)

解読 伊能忠敬測量日記 第十三巻(ダウンロード版)

¥2,046 税込
商品コード: dwlkdy13
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
第6次測量(2/2)
 本巻の対象地域は、淡路島沿岸及び四国沿岸を時計回りに測って江戸に帰着した第6 次測量のうち、松山から江戸帰着までである。
 文化5 年8 月1 日(1808.2.21)、三津町(現、松山市)出発した伊能隊は、松山城下に向かわずに輿居島、津和地島などを測量してから8 月11 日松山城下に到着。江戸を発って223 日目であった。松山からは伊予北岸と周辺の諸島を測量し、今治を経て9 月11 日に川之江に達する。ここで再び坂部支隊を四国縦断測量に派遣した。丸亀を通って10 月1 日には塩飽諸島で日食を観測し、11 月12 日から淡路島西岸を測量して11 月21 日には大坂に着く。ここで半月あまり病気療養中だった伊能秀蔵を江戸に帰した。
 11 月26 日には大坂を発ち、法隆寺、大和郡山を経て、奈良や大和路を測りつつ有名な社寺に参拝した。桜井、伊賀上野を経て12 月27 日に伊勢に到着。山田に出て越年し、元日には忠敬と下役一同、麻裃に威儀を正して内宮、外宮に参拝した。文化6 年1 月18 日(1809.3.2)に江戸に帰着、377 日の測量だった。
第6次測量ルート図はここをクリックする

カテゴリ一覧

ページトップへ